和光リバーツインズは昭和48年大和町(現 和光市)に

川二地区少年ソフトボール・チームとして発足しました。
翌49年に軟式野球チームに変更し日本スポーツ少年団へ加入、現在に至ります。

現在、和光市には7つの少年野球チームがありますが、その中でも最も伝統のあるチームの一つです。

2019年 (平成31年) 現在 創部46年目となります。

 

 

 

 

 

 

リバーツインズの名前の由来は文字通り発足した川二地区から取ったものですが
そこには次のような意図が込められています。
 


 ※平成26年度卒団式 ( リバーツインズOB 西武ライオンズ 佐野先輩と ) 

 

 ☆二つのものが互いに協力しあい、大きな力となろう。 

キャッチボールの相手同士、父母と子ども達、低学年と高学年は双子の様な気持ちで助けあおう。

 


  

☆世界をめざす大きな夢を持とう。
アメリカのメジャーリーグにツインズというチームがあり、メジャーリーグに負けないチームになろう。従って、ユニフォームの名前も”TWINS”とされました。又、チーム・カラーとしてグリーンが採用され、全てのカラーの基調となっていますが、このグリーンから”大自然に育つ草木のように、素直に大きくたくましく育って欲しい”との愛情が込められています。
リバーツインズのグリーンと白のシンプルなユニフォームは、他の数多いチームの中でも最も純真さと清潔な少年野球の本質を表現し、清々しさを与えているものと考えています。



2.基本方針(モットー)
   チーム発足以来、幾度かの検討の下に
次の3つが基本方針として採用され、全ての活動の原点となっています。


 ☆礼儀
  挨拶を始めとする、この礼儀が最も重要視されています。
      グランド内のみならず、日常生活においても、仲間、先輩、両親、知人、
その他自分を取り巻く人々への思いやりと感謝の気持ちを大切にし、
それを表す挨拶の実行を心がけています。


 ☆努力
  グランド内における野球の練習においては、もちろんその他、勉強などにおいても
精一杯頑張っていこうとする気持ちを養いたい。


 ☆協調
  野球におけるチーム・プレーは協調の表れです。
これをベースに全ての面で、他人に対する思いやりを、大切にしていこう。


  以上のような基本方針で、指導にあたり、
生活面全てにおいて子ども達の成長に役立つよう徹底してまいりたいと考えておりますので
皆様方のご支援、ご協力を賜りたいと存じます。